2009年10月14日建通新聞

PDFはこちら

和瓦などに比べ遮音、断熱、防水性に優れる
丸大鉄工
ワンダフルルーフ「福瓦」

丸大鉄工(磐田市豊田西之島255-4、長松孝俊社長)は、ワンダフルルーフ「福瓦」を開発。
従来の和瓦やスレートと比べて遮音性、断熱性、防水性などに優れた製品として、2010年4月ごろの発売を予定している。
ワンダフルルーフ「福瓦」は、3年前から研究を開始し、形状を静岡大学、静音性をスズキハウスとの協同研究で開発。
一般的な金属屋根とは異なり、瓦状の意匠を施した美しい外観や静音シートを裏側に加工することで
金属屋根で気になる雨音を抑えて静かな空間を確保している。
また、88型屋根材との互換性を持たせたため、施工にも88型屋根の安価な部品が
そのまま使用できるなど画期的で優れた製品となっている。
「福瓦」の特徴は次の通り。
ヾい琉嫋△鮗茲蠧れ、和風う、洋風どちらにも対応。また、好みの色にメーカーに塗装することで、顧客ニーズに対応。
∪轍札掘璽箸鯲打ちしており、雨音などのおとを抑えて静かさを実現。
H鷯錣坊變未任△
ご妨配から急勾配まで、あらゆる勾配の屋根に対応
ツ梗椶任梁弍が可能なため、継ぎ目のない施工ができ、雨水の侵入を防ぐ
μ鄰枠弔篆睫敕の下地を必要とせず、屋根材自信を使うため約2.5メートルのスパンに対応
Р蔀鷲分に厚いボード系断熱材を採用し88型屋根の山部分で熱を有効的に脱気することで、安価に高断熱化を図れる-など。
また、ことし2月には「瓦書き状折板屋根材及びその製造方法」として特許を取得したほか、8月に東京ビッグサイトで
開催されたグッドデザインエキスポ2009に出展するなど高い意匠性が評価されている。
詳しい問い合わせは、丸大鉄工(電話0538-35-1331、FAX0538-35-1332)
URL www.marudai1.comまで